日常生活で引き起こす腰痛の原因|生活習慣を見直すことが肝心

病棟

注目される生活習慣病外来

医者

都筑区は横浜市北部に位置し生活拠点となり発展しています。その一方で生活習慣病の患者も少なくなく、循環器内科が専門のクリニックなどでは生活習慣病外来を実施しているところもあります。大きな流れとしてはライフスタイルの見直しから始まり、改善状況によって投薬が開始されます。

もっと読む

重視すべきことを決める

看護師

透析治療を受ける場合、交通の便を考えた方がいいかもしれません。長期に渡って通うからです。送迎サービスをしている内科を探すと安心です。また、信頼できて安心して通える内科を探すことをお勧めします。治療には期間がかかるからです。

もっと読む

原因を探って対処する

病棟

様々な要因

日常生活に支障をきたす腰痛は単に筋肉系の痛みというわけではなく、裏に様々な要因が隠れている場合があるので注意が必要になってきます。スポーツなどで激しく腰を使った事により起きる痛みであれば、筋肉をケアしてあげれば状態が改善する事が多いです。筋肉や靭帯が原因ではなくて内臓疾患が原因の場合もあるので、発熱や腹部に痛みを伴うなど、違う症状がある場合は注意です。こういった場合は病気の進行を止めるためにも、きちんと内科などで診察を受ける事が必要になってきます。また大きな原因が見当たらなくても、寝具が合わなかったり、太り過ぎが原因になっている場合もあります。ストレスや寝つきが悪い場合も腰痛を引き起こす事がありますから、生活スタイルを見直す事が大事です。

普段と変えてみる

腰痛がある場合は、十分に眠る事が出来なかったり痛みが持続したりして生活に大きく影響を及ぼす時があります。このような事を避けるには、少し寝方を変えるなどの工夫するだけで大きく改善する場合があります。寝具が合っていないと体が寝具から浮いてしまったりするので、浮いた部分が非常に痛む場合があります。その場合は浮いた部分にタオルをあてるなど、隙間を埋めるようにすれば腰痛が軽減します。仰向けでつらい場合は横向きに寝るなどの工夫する事も大事で、コルセットや補正下着などで軽減させる事も出来ます。その際うつ伏せは、腰が反る事によって負担が大きくなるので避けた方がいいでしょう。腰の下に詰め物を敷いたり足の間にクッションを置くなど工夫する事によってかなり熟睡度が変わってきます。

希望に合った所を見付ける

女性

在宅医療を受けたいという場合には、世田谷区の自宅から近い医療機関を探すということが大切になります。専門の機関に相談するとともに、自身でも情報収集をするようにしましょう。なお、事前に希望を明確にすることが大切です。

もっと読む